CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
OTHERS

shimoshimo.blog

母を逃がす

母を逃がす


何年かぶりに、大人計画のお芝居のチケットが取れました。(Nさんが取ってくれた)
再演らしいのですが、それは知らずの「母を逃がす」です。

ある集落(と言っていいのか?)の話。
やっぱり笑いどころが本当にイイ。テキーラを飲むところなんて最高に良かったし、あれで間違っていない!と言ってもいいかもしれない。
途中休憩が無かったけれど、見入ってしまっていたので時間を感じさせなかった。

久しぶりに見返した↓
| 魅了 | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SWAクリエイティブツアー
JUGEMテーマ:芸能

SWA

SWAクリエイティブツアーに行って来ました。
場所は赤坂レッドシアター。レッドシアターは初めて。少人数のスペースで良かった。

今回のテーマは「温故知新」
「温かな食卓」  春風亭昇太
「故郷(ふるさと)のフィルム」  柳家喬太郎
「知ったか重さん」  林家彦いち
「新婚妄想曲」  三遊亭白鳥
 

白鳥さんの 「新婚妄想曲」 が以外と良かった。にえきらない独身男と東京から帰ってきた独身女の話。
喬太郎さんの話はゆる〜い感じで独特の語り口調がイイ。
| 魅了 | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春風亭昇太独演会 昇太ムードデラックス
JUGEMテーマ:芸能

春風亭昇太独演会

本多劇場で、春風亭昇太独演会 昇太ムードデラックス。



・悋気の独楽 立川生志

・天狗の裁き
・花粉寿司
・花見の仇討

春風亭昇太独演会

”花粉寿司”は最高。
花粉症の寿司屋の店主の話。
店に花粉が入らないように、ガムテで入口に目張りをしていると、「こだわりの店だ!」と顧客が入って来たり、花粉症なので、調子が悪いからと、寝たままネタを切ったり握ったりする。


こんな感じ↓

春風亭昇太独演会

それがすごい楽しそうなので、笑える。




| 魅了 | 19:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
下北沢らくご二夜「昇太の日」
JUGEMテーマ:芸能

昇太の日

下北沢本多劇場で「昇太の日」。
Nーさんと、Tちゃんと3人で。



昇太の日

・リストラの宴
 噺を作った当時は、ウケたけれどこのご時世なのでなかなかお披露目する機会が無い、らしいです。確かに、、とは思ったけれど、いい噺でもあります。

・錦の袈裟
 与太郎が出てくる。昇太の与太郎はすごい。

・愛宕山 〜本当は怖い愛宕山〜
 去年もやった、古典落語のその後的なお話。当時も「愛宕山」を知らずに聞いたのだけど、本当におもしろくて今回もおもしろかった。
実際のあらすじは・・・・・・
--------------------------------------------------------

旦那が翌朝、愛宕山に遊びに行くことを思いつく。完全に山登りをナメて飲み続ける幇間の一八に対し、旦那は「明日、山登りは勘弁してくれと言っても絶対許さんぞ」と念を入れて床に就く。

さて翌日、調子のいいことを言う一八を見て、旦那は繁造を一八にぴったり着かせる。「どんなことがあっても上までひっぱりあげろ。連れてこないと暇を出すよ」と脅して、いざ出発。大きい口を叩いていた一八は、最終的には繁造に押してもらって、やっとのことで途中の休憩所まで辿りつきます。

茶屋で休んでいるときに一八が土器投げ(かわらけなげ)の的を見つけます。向こうに輪がぶらさがっていて、そこにお皿を投げて上手く輪をくぐらせるという遊び。旦那がやってみせると、負けん気の強い一八、また「朝飯前」だと嘯く。が、もちろんやってみるとうまくいかない。旦那によると、名人になると、塩煎餅なんていう軽いものさえ上手に通す人もいるという。

そこで旦那が趣向を凝らし、取り出したのが小判三十枚。煎餅を放る人がいるんだから、それより重量のある小判ならうまく放れて面白いだろうと。そんなもったいないことを、と止める一八を無視して旦那は投げ続けます。小判が惜しい一八は自分を的にしろと叫ぶが、旦那は三十枚全てを投げきってしまう。

さて、投げてしまった小判はどうするか。旦那は「あんなものは惜しくない。取りたきゃ取れ」と言う。そう言われては取りに行くしかないが、そこは崖っぷち、狼もうろうろしているというし、そう簡単に降りてはいけません。そこで思いついたのは、傘を落下傘代わりにして飛び降りるというもの。皆が見つめる中、なかなか飛び降りられない一八を見て、旦那が繁造に「後ろから突け」と命じ、一八は無理矢理下へ落とされる。

さて、崖を降りた一八、目の色を変えて小判を集めはじめます。全ての小判を拾い終えた一八に
 旦那「皆貴様にやるぞ」
 一八「ありがとうございます」
 旦那「どうやって上がる」
困った一八に、旦那は「先に行くぞ」と薄情な言葉を残します。

さて弱った一八、突然服を脱ぎ、脱いだ服を裂き始める。どうしたどうしたと旦那達が見守る中、裂いた布で縄をよって、それを使ってどうにかこうにか崖上へ無事上ることができました。

上にたどりついた一八に、
 旦那「偉いやつだね、貴様は生涯屓にするぞ」
 一八「ありがとうございます」
 旦那「金はどうした」
 一八「あ、忘れてきました」

--------------------------------------------------------

なるほど〜〜〜、その後の一八です。
お調子者の太鼓持ちっていうキャラクターがとても良く出ているし、そんなキャラのおかげでなんとか生き延びて(崖下で商売の神様にも会います!)大金持ちになる。この噺の中には、今話題の
「反省してま〜〜す」(国母のセリフ)
も入ってくる。
落語らしくって、本当にバカバカしくて笑えます。


その後、「」でおいしいお料理とお酒を。(Tちゃんが購入した昇太の写真集を愛でながら)

 
| 魅了 | 18:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春風亭昇太独演会 昇太ムードデラックス
JUGEMテーマ:芸能
春風亭昇太独演会

本多劇場での「春風亭昇太独演会 昇太ムードデラックス」へ。チケットは発売日に取れなかったものの、Tちゃんが当日券に並んでくれて友達3人と並んで見れるとても良い席を確保出来た。


春風亭昇太独演会

・品川心中(立川生志)
・子供になりたい
・火焔太鼓
・寝床

”子供になりたい”は新作で、バカバカしく、中崎達也のマンガのよう。古典もアホな人が出てきてその演技がまたバカバカしくておもしろい。昇太さんがアレンジしているところが私には分かりやすいし、バカバカしく良い。


前菜坊 風神へ。

写真はお通し。

春風亭昇太独演会

秋田の新政 を燗で飲みながら、おこぜの唐揚げ・かき酢・蓮根まんじゅう・・・など食べた。
| 魅了 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かも
かも

北沢道緑のかも。
昼寝中らしく、近づいても逃げません。
| 魅了 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
La Machine
かなり前に本物見たい〜と思っていたフランスの巨大スペクタクルアート劇団「ラ・マシン」のパフォーマンスが、横浜 開国・開港Y150 プレイベントで!




次回はいつやるのかな〜?
公式サイト見ても詳しく載ってないな、、、。


| 魅了 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SWA+松
SWA

Tちゃんと、春風亭昇太プロデュース下北沢演芸祭のSWA公演へ。今回は、シアター711こけら落とし公演ということで、会場はシアター711。以前は、映画館で何回か行ったことがある。客席数が少なく狭いけど、イイ感じの映画館。

SWAのメンバー、林家彦いち・三遊亭白鳥・春風亭昇太・柳家喬太郎4名による古典落語の”その後”と題した作品。
古典落語のその後ストーリー、、、かなりおもしろかった。元ネタを知らない初心者でも楽しめるし、遊び心満載。知らないヒトのタメに前説もあったし、その前説もかなり楽しめることになっていた。


「厩火事」その後 
  厩『大』火事  彦いち

「松竹梅」その後 
  本当は怖い松竹梅  喬太郎

「大工調べ」その後
  かわうそ島の花嫁さん  白鳥

「愛宕山」その後
  本当は怖い愛宕山  昇太





その後、「松」へ

●お通し
松:お通し
クリームチーズ、めひかり、ぬかご

ぬかご↓
松:ぬかご
イモの根っこ。イモの種類を聞いたのに忘れてしまった。表面はヌルヌルしているので、やまいもだったと思う。


●温かい豚バラ肉と〜〜〜〜ポテトサラダ
松:温かい豚バラ肉ときのこ入りのポテトサラダ

●お刺身
松:お刺身

●竹の子と地鶏のとろろ揚げ
松:竹の子と地鶏のとろろ揚げ
塩に付けて、中はアツアツ。竹の子のシャリシャリ感がイイ。

●金目鯛・カニみそ・じゃがいもが入っています。
松:金目鯛・カニみそ・じゃがいも
濃い目の味なので、お酒に合います。


今日も満足。おいしいお料理とお酒がちょうど良いお腹加減にしてくれます。

| 魅了 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
COLDPLAY VIVA LA VIDA TOUR
COLDPLAY VIVA LA VIDA TOURへ。

さいたまスーパーアリーナ。

COLDPLAY

COLDPLAY


サービス良かった。
比べるものが他に無いから比べてしまうけど、去年行ったRADIO HEAD JAPAN TOUR 2008では、”着いて来たいヤツは着いて来い”的な感じでそれはそれで良かったし、、、イヤそこがいい。今回は、みんな一緒に盛り上がろう!的な感じで、本当にサービスが良かった。風船あり、紙ふぶきあり、ステージを降りてアリーナの後ろの方で歌ってくれた。
グラミー賞を最優秀楽曲賞など3部門受賞したし、ボーカルのクリス・マーティンカッコイイし。盛り上がった。


あの衣装はキライだけど、、、、。




なんの情報も入れないようにして家に戻り、W杯予選オーストラリア戦を観た。

W杯予選オーストラリア

点入らないな〜〜〜、本当にかなり無理な体勢でシュートやヘディングをしているんだろうか?玉田??
| 魅了 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岡本太郎 『明日の神話』
明日の神話

渋谷駅のJR線と京王井の頭線を結ぶマークシティ内の連絡通路に設置されてました。
朝忙しく会社に出勤する人々の中を撮ってみました。もしこの通路が私の通勤の通り道の場合にはきっと時間も無く足早に通り過ぎるであろう、と思われるけれど、どんなに忙くても一度足を止めて立ち止まって観てその力を心に刻んでから通らないといけないような力を感じました。


明日の神話

明日の神話

明日の神話


観れば観るほど、なんかすごいです。

ここの『明日の神話』岡本敏子音声解説を聞くと更に深いです。
岡本太郎と岡本敏子が望んでいた「だれもがいつでも見られる」『明日の神話』を観て、人間が作った残酷な力に負けない力を人間が作り出していけるように。
| 魅了 | 11:31 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |